ウィズの空家対策について

高齢化社会が進む等を起因として、全国的に増加傾向にある『空家』ですが、様々なトラブルの温床となっています。 売却も居住もせず放置する事により、雨漏りやシロアリ被害の発見が遅れる等して建物の老朽化が急速に進み、 倒壊や火災が発生し、近隣の方に怪我をさせたりと被害が及ぶ可能性も考えられ、 もしそのような事態が発生すると、責任を負うのは所有者様となり、最悪の場合多額の賠償金を支払う事となるケースも想定されます。 このような事態を防ぐ為、未然に対策を講じておく必要があります。
ウィズ不動産販売では、自身の所有する空家に対して悩みを抱えている方に『管理』や『売却』等の多面的なご提案をさせて頂いております。

空家解体のメリット

空家を解体する事のメリットとして挙げられるのが、『空家管理の手間がなくなる』と『土地として高く売却できる可能性が高くなる』の2点です。 前述の通り、空家を所有していると建物の倒壊等により、近隣の方に迷惑を掛けてしまう可能性がある為、 定期的に掃除等の手入れに現地へ行く必要があったり、メンテナンス等を行う必要が発生する事が想定され、手間と余計な費用が掛かる場合があります。 また、平成26年に制定された「空家等対策特別措置法」により、適切に管理されていない空き家を「特定空家」に指定され、 行政より改善の勧告があったり、場合によっては罰金刑や行政代執行(行政が所有者の承諾を得ずに建物を解体し、その費用を所有者に請求すること)等が、 行われる可能性もありますが、空家を解体する事でこのような事態を防ぐことができます。
また、不動産の取引においては、建物を解体しておくことで、土地として高く売却できる可能性が高くなります。 古家のある土地ですと、買主様からすると、どのような建物を建築できるか等の想像し難くなり、忌避される傾向が強いと言え、 悪い印象を与えてしまい、折角の取引の機会を損なってしまい場合もあります。このように買主様へ悪い印象を与えない為にも解体を行っておく点は、 不動産取引においても有用であります。
【解体前後での消費者心理】

ウィズ不動産販売の取り組みについて

弊社では、空家について様々な悩みを抱えている方に対して『管理』や『売却』等の多面的なご提案させて頂いております。 特に売却の面においては、単に解体するだけでなく、造成工事等行い近隣の方にも喜んで頂けるような『街づくりを行う』と言った観点にも立って取り組んでいます。 また、売却を希望しているが、接道要件を満たしていない為、再建築ができない土地であったり等して、他社に断られてしまった事があっても、 解決できる場合がありますので、是非ご相談ください。 下記の通り事例がございますので、空家対策の折に参考にして頂けると幸いです。

お問合せ

空家解体・造成工事の事例について